悩んでいるなら治療しよう

鏡を見る女性

まずは受診を

いぼには、ウイルス感染によるものと、加齢や紫外線によるものがあります。ウイルス性いぼはヒトパピローマウイルスが原因で発症するもので、手足にできる尋常性疣贅、顔、手の甲、下腿にみられる扁平疣贅、突圭コンジローマ、ミズイボなどがあります。最も多い尋常性疣贅は、表面がざらざらで肌色や褐色であるのが特徴で、扁平疣贅は若い女性に多く、平たい形状が特徴です。突圭コンジローマは性器周辺にできる先端が尖っているもので、ミズイボは子供に多く表面がつるつるで光沢があります。加齢や紫外線によるものには、老人性いぼと、スキンタッグがあります。老人性いぼは紫外線が原因と考えられており、日の当たりやすい場所にできやすく、スキンタッグは衣服と擦れる場所にできやすのが特徴で、どちらも年々大きくなり数も増えていきます。人目につきやすい場所にいぼができてしまうと、見た目が気になる方も多いでしょう。そうした場合、手術によって取り除くという方法があります。小さいものならば液体窒素や炭酸ガスレーザーでの治療、大きいものになると手術での切除が必要となります。なかには悪性のものもあり、見た目だけでなく健康を害する場合もあるので、まずは一度受診してみることが大切です。老人性いぼやスキンタッグは良性のいぼですが、放っておくとどんどん数が増えていくため、見た目が気になるという方が多いです。さらに顔や首など目立つ場所にできやすいため、美容目的で除去したいと考える人は少なくないです。顔にある大きないぼが長年のコンプレックスだという方もいるでしょう。また、下着などがあたる場所にできてしまうと、擦れたり引っかかったりして不快感や痛みを覚えるため手術をするという人もいます。小さいものであれば液体窒素やレーザーでの治療が可能です。体質や体調によっては跡が残ったり色素沈着してしまうリスクがありますが、時間や体への負担が比較的少なくて済みます。できれば小さいうちに治療をすることが望ましいです。大きないぼや、悪性が疑われるいぼの場合はメスを使った切除手術が必要です。その大きさや種類によって治療法が変わってくるので、皮膚科や美容皮膚科を受診してどの治療が最適かを相談してみることが、コンプレックスと決別するための第一歩となるでしょう。

医者

治療をして治そう

市販のイボコロリやヨクイニンなど、いぼを治療する方法は数多く存在します。だから効果が弱ければ皮膚科と相談の上で他の手術や投薬などあらゆる手段を試しましょう。結果的に自分に合った治療法が早く見つかり余計な医療費を抑えることも夢ではありません。

詳しく見る

顔に触れる女性

ケアのことも考える

いぼの手術での治療は再発しにくいというメリットがあります。一方で患部には傷ができることから、クリニック選びにおいては高いレベルで治療をしてくれることと傷跡のケアを適切に行うかということが基準と言えます。

詳しく見る

カウンセリング

大きくてもきれいに取れる

美容外科で行われるいぼ治療は、レーザーや電気メスによる処置も、メスによる切除手術も、傷跡が残ることなく安全に受けられます。切除手術も縫合部位を避ければ翌日からメイクや洗顔を行えますし、1週間程で抜糸となるので心配いりません。

詳しく見る

医者と看護師

跡を残さず治す

いぼが目立つ場合は手術で取り除くことができます。手術方法には液体窒素やレーザー治療、電気メスなどが主な選択肢です。これらのいぼの手術をした後の部分は回復するまでの間、回復のための軟膏とテープによる保護、日焼け対策が必須です。

詳しく見る

カウンセリング

コンプレックスをなくす

いぼを切除するための手術を希望する場合、術前の検査はしっかりと受ける必要があります。除去しても大丈夫なのものなのかどうか、悪性腫瘍ではないかなどもチェックして、切除しても大丈夫な場合のみ対応をしたほうがよいです。

詳しく見る

Copyright© 2018 いぼ除去なら手術が最適【小さいうちに治療をすることが望ましい】 All Rights Reserved.