ケアのことも考える

顔に触れる女性

治療実績がポイント

いぼにはいくつかの種類があります。できる部位もさまざまで目立つ場所にできると気になることもありますし、手や足にできると日常生活に支障が出ることもあります。ウイルス性のものであれば増えていく可能性もあるのでできるだけ早く切除することが大事です。治療の方法のひとつが手術による治療です。日帰りで受けることができます。大事なことは、いぼ自体が良性のものであるか、あるいは悪性のものであるかということです。良性のものであればいぼだけを取り除けば良いのですが、悪性の場合、周辺の組織についても取り除く必要があるので精密な検査が必要となります。また、再発防止のためには、組織を確実に取り除くことがポイントです。逆に言えば手術による治療は確実に切除することができれば、再発のリスクが低いということになります。しかし、手術をするので皮膚には傷ができます。傷はできるだけ小さくなるように治療を行いますが、切除後にできるだけ傷が目立たないように治すためのケアをすることが重要です。手術によるできものの切除は多くの医療機関で受けることができます。大事なことはいぼの組織を残さずに取り除くことができるかということ、またできるだけ切除面積を小さくできるかということです。ウイルス性のいぼであれば、手術によって取り除いたとしても、皮膚内にウイルスが残っていれば、そこから再度ウイルスが増殖して再発する可能性があります。そのため、治療実績が豊富なクリニックを選ぶことがポイントです。また、切除を終えてからの傷については患者自身のこまめなケアが重要となります。ケアの方法について、適切なアドバイスや指導をしてくれるクリニックが良いと言えます。肌の傷を治すためには皮膚の成長のサイクルが関係しており、長期間に及ぶことも珍しくありません。その間、適切にサポートしてくれることが大事です。また、その関係で複数回クリニックに通院する必要があることから、自宅の近くや通勤先の近くなど、通いやすいクリニックであるかということも判断基準のひとつになると言えます。

Copyright© 2018 いぼ除去なら手術が最適【小さいうちに治療をすることが望ましい】 All Rights Reserved.